執拗な 加計学園問題報道の真意

加計学園問題を まだ国会がやっている。もう お腹いっぱい! という感じだが・・改めて、今回の経緯を整理してみたい。

そもそも 加計学園問題とは「政府が掲げた国家戦略特別区域を活用して、学校法人 加計学園岡山理科大学獣医学部を新設した経緯をめぐる 一連の疑惑」である。焦点は「加計学園の理事長と安倍首相がお友達だったから、ここに便宜は図られたのかどうか?」だが・・自民党および安倍首相の説明はこうだ。

「便宜供与はない」その理由 1.もし便宜を図るなら ずっと前にやっている。これまで何度も加計学園の申請を却下してるから それはあり得ない。2.情報をリークしたのは 前文科省事務次官の前川さんじゃないのか? 彼は天下りで問題を起こしてるし、不適切な行動を “貧困調査” なんて言い訳するような人物だから信用に値しない。3.文科省はずっと獣医学部の新設を拒否してきた。政府主導でなければ、この先もずっと これは継続される。4.京都産業大学の申請は遅いし不十分だった。消去法で加計学園しかなかったのが現状だ。5.新設を一校にしてくれ! と言ってきたのは、そもそも文科省と獣医師協会のほうである。

つまり自民党は「不正なし。政府主導でやるのは当たり前。文科省農水省など 業界と癒着してるであろう 天下り利権構造はなくすべきであり、徐々に権力を剥奪してゆく必要性もあるが・・これらの利権へ執着する 官僚・共産党民進党なんかは、あれこれ ありもしない理屈を付けて 行革を阻止したいだけなんじゃないの?」と言ってるわけだが・・これに対しては《メディア得意の切り貼り報道や 都合の悪い部分はカットした情報操作も頻繁に行われてる》から ややこしいのである。

『マスコミからも、当然 各大学への天下りは経常的に行われてる』ので、彼らが既得権勢力へ助力するのは当然だが・・これも含めての規制改革・行政改革なのだから、どうにかしてもらわないと 先はないと思われる。ようするに、憲法改正テロ等準備罪などと同様、政府主導による 官僚や反社会的勢力の利権剥奪も、もっと巧妙かつ知的にやってゆかないと、メディアも加勢した 彼らの常套手段 “世論誘導” には、とても太刀打ちできない! ということだ。

世界はもはや、既得権益層の暗躍を許さなくなってきてるが、この背景には・・資源・技術などの分野における 米国の一人勝ち! があるのは否めない。すなわち、もう世界中の既得権益層へ甘い汁を吸わせておく必要性自体がなくなったのである。それ故、彼らは必死の抵抗を試みてる次第で・・内閣の支持率低下も《このままでは何をしでかすか わからない彼らの“ガス抜き”》といった側面も見え隠れしないではない。

いずれにしろ、消え行く者は消え行く定め。それは日米共に同じであろう。あとは、いかにリスクなく、被害を最小限に留めながら、彼らを終わらせるか? が焦点となってくるはずだ。そうこうしてる内に、となりの国が増々ややこしくなってきてるが、そろそろ ここに関する 大方のシナリオも見えてきた。日本はやがて、敵対国に囲まれる可能性も大きくなってきてるが、こういった見解からも、一日も早く米国へ追随するような政策履行が望まれる。

基本的に人は何をしてても自由だが、それは『これが出来る環境である事が前提なのだ』そしてまた、こういった前提さえあれば、保身・既得へ邁進するのが人間でもある。物事は、やれるうちに! できるうちに! が基本。そうできなくなる未来があるなら、この防衛本能・生存本能に基づく言動も激しさを増すのが必然であり、ますます理屈抜き・常識抜きの暴挙や執拗さは度を超してくる。抵抗とは断末魔の悪あがき。改革側は、この辺りを心してかからねばならないだろう。

今度は 自動車サブプライムローンの崩壊か?

サブプライムとは 信用力の低い 個人向け融資を指す。『リーマンショック時に 住宅用サブプライムローンの崩壊が原因』との報道があった事は記憶に新しいが・・しかし 米国は本当に懲りない国みたいである。

昨今は “自動車サブプライムローンの破綻” が囁かれ出してるが、また前回同様「あらゆる金融ものを福袋のように混ぜた 証券化商品」も問題となっている。つまり リーマンショックと同じ事を、同じように いまだ行ってる! のだが、サブプライム自動車ローンの貸倒率は、今年1月には9.1%へ達し、回収率も34.8%になっており、もはや いずれかの時期に大問題となるのは避けられない状況であろう。

思い起こせば、住宅用サブプライムが表面化し、これが報道から消えつつあった頃・・知り合いの米大手不動産会社に、ある物件の売却を依頼したところ「○○まで 不動産売買は控えている」との返答があった事が蘇ってくる。他にも兆候はいろいろ見受けられたが・・こういった現実が重ねってくれば「いよいよかな?」との推測も働いてくるに違いない。

“起こるべき事態は起こるべくして起こる” あとは時間! つまり「その時はいつか?」が焦点となるが・・経済は止まれない宿命。よって 止まるためには、正確な時期に関する予見能力も必要とされるだろう。いずれにしろ 経済は定期的に破綻する! これは簡単な長期に及ぶ複利計算をやってみれば、天文学的数字になるから、理論上 そうせざるを得ない事は誰にでも理解できるはずだ。したがって「崩壊するのか?」「崩壊させるのか?」の認識相違は、自ずと その時期的推測にも影響を与えざるを得ないわけである。

インファレンス能力

以前の記事『コンサルタントの定義』において「優秀とされるコンサルタントには卓越した【インファレンス(inference)能力「ここまでは正しいと言えそうだ」と推論する能力】が求められる。なぜなら “帰納推論は 結局、演繹の幅に比例する” からだ。」と書いたことがある。

では いったい、このインファレンス能力とは そもそも どんなものなのだろう? 「地球から打ち上げたロケットが、月の引力を利用して そのまわりを周回し、再度 地球へ戻ってくる」ケースについて考えてみることにしよう。

その際に、もしもクルーが「これまでの成功例を集めて研鑽したから大丈夫」なんて そこらのコメンテーターや学者のような事を言ってたとしたらどうか? 私なら、そんないい加減な安全性のロケットには絶対に乗らない。なぜなら 大気の状態や太陽風の影響など 地球や宇宙の環境は、その都度 異なるのが当然だからだ。

ゆえに 本来は《地球のみならず、宇宙のあらゆる環境において・・それらすべてを加味しながら “もう一度、何事もなく地球へ戻って来られる” のを目的とした、無数の計算式に基づく 目的達成のために最も有効な方法論を確立としてはじき出す》必要が出てくるわけだが・・これをインファレンスと呼ぶのである。

物事に確実な事・・いわゆる絶対など存在しない。したがって 数学を用いて、あらゆる条件を “約” すなわち【≒】で、どれだけ多く結べるか? が問われる次第であり、10の事項を ≒ で結ぶより、数千個・数万個の事柄が ≒ で統合されてるほうが、確立も より高くなるのは明白であろう。

しかしながら ビジネスだけでなく、その他の事項に関しても・・誰かの成功例を踏襲したり、世情の動向を勝手に分析したりと【わずかばかりの情報で 事へあたる】のがほとんどに感じられる。けれど、これでは おそらく、失敗する確率のほうが極めて高くなるのは申し上げるまでもない事だ。

目的に対して「これに結びつけられる」と推測される事象に限りはないはず。ゆえに より演繹の幅を広げれば・・つまり経験則の種類と質を同時に高めてゆけば、それだけ成功の確率も高くなる! のは当たり前の話である。

つまり、孫正義氏などの優秀な経済人がよく述べる「その物事の成功確立に 70%以上のものがはじき出されれば、私は迷わず、これを実行する」の “その計算式の背景” には、数えきれないほどの要素がある! のであって・・そこはやはり、一般の方が言う確立とは雲泥の差がある! としても過言ではないだろう。

どれだけの事柄を ≒ で結べるか? それが「ここまでは正しいと言えそうだ」とのインファレンス能力を支えるなら “帰納推論が演繹の幅へ比例する” との見解もあながち間違いではなさそうである。

広告を非表示にする

仕事とは?

仕事とは不思議なものだ。『事件や話題がなければ メディアの仕事は成り立たない』つまりマスコミとしては、自らの存在価値を高め 存続を目算する! なら「どうでもいい話題を 殊更オーバーに報じねばならない。もしくは 話題がなければ 作り出さねばならない」のである。

よって マスコミの仕事とはいったい何か? と問われれば【話題があるなら それで由し。もし 話題がなければ・・あえて大げさな印象操作を行ったり、嘘・作文・切り取りなどを駆使して、物事を誘導したり創作する事】といった解釈だってできる次第だ。

同様に、行政に不備がなければ(あえて弊害を作り出さねば)官僚や省庁にも意義はない! 芸能人は話題がなければ消えてしまう! と考えれば・・これらの考察は、最近 世間を賑す事象を把握するうえで・・ひとつの指針となりうるだろう。

仕事に関する 究極の解釈とは「この世から 病がなくなれば医者が不要となるように・・今、自分のしている仕事を失くす」ところにこそある。しかし 世の中に、そんな事を目的にしてる方が どれだけいらっしゃるだろう? そうでなければ・・自らの存在意義を誇示するため、上記のような事をしなければならないのも、また事実なのである。

広告を非表示にする

森トラストがマリオット最高級ホテル誘致

森トラストが、米ホテル大手のマリオット・インターナショナルの最高級グレード「EDITION(エディション)」を誘致すると発表した。東京オリンピック開催の2020年に、東京・虎ノ門(東京ワールドゲート内)と銀座(銀座2丁目開発中)の2カ所で開業を目指す。エディションブランドの日本進出は初めてで、不足する高級ホテル市場の拡大を狙う。

かねがね 都内にはホテルが不足している! と思っていた。これは今回のコンセプトに「東京を訪れる人だけでなく、住む人にも楽しんでもらえる場所にしたい」とあるように『楽しめる空間としてのホテル』という意味合いにおいての話である。

生前に親交のあった 黒川紀章氏は、新国立美術館の設計について「美術館とは、絵画や美術品を鑑賞するだけの場所ではない。そこには本を読んだり、くつろいだりと・・誰もが集える空間! といった意義もある。」とおっしゃっていた。

都内に不足してる『みんなの空間』としては、ホテル・美術館の他にも、大人が楽しめるLive空間など・・さまざまなものがあるだろう。たしかに 飲食店などは多彩だし、味も世界一かもしれない。だからこそ今度は、いわゆる文化的なものや都会生活の日常が感じられる・・そんな趣向が、さらなるインバウンド需要を支えるのではなかろうか。

外国を訪れる方の目的は『おもてなし』だけじゃ満たされない。そこで暮らす人々の生活や、文化・暮らしぶりといった いわゆる《その国の空気みたいなもの》が感じられる事も重要なのだ。