アルツハイマー病の発症リスク検査法を確立

島津製作所の社員でありながら ノーベル賞を受賞。当時【サラリーマンノーベル賞受賞者】として話題になった 田中耕一氏が、今度は自らのプロジェクトチームを率いて、また『アルツハイマー病の発症リスクを血液検査で調べる方法を世界で初めて確立』という快挙を成し遂げたようだ。

このチームは 《アルツハイマー病の特徴である 脳に異常なタンパク質 “アミロイド” が蓄積する現象に着目》し、この蓄積も発症の20年以上前に始まる! との解析へ至ったらしい。そこで国立長寿医療研究センター島津製作所は共同で、極めて少量の血液採取のみを行い、アミロイドの蓄積を調べる血液検査法を開発するとともに、日本とオーストラリアの高齢者373人の治験に入ったが・・その結果、90%近い精度で 現在 認知機能に問題がない人にも アルツハイマー病 発症リスクの有無を確認できたとの事。

田中耕一氏も「アルツハイマー病の根本治療薬は、残念ながら まだ出来ておりませんが、根本治療薬を含めた様々な進展へ貢献できる 非常に大きな成果と考えております。」と述べられてるとおり・・今後 解明が進めば、解決策も見つかる可能性はある。

何につけても物事は、まずは わけがわかる事! から始まる。それは政治経済にしろ、科学にしろ すべて同じかもしれない。言われたとおりを信じるのではなく、自らの目や経験で真実はつかみ取るもの! もはや科学の主流である 量子力学の世界観は、医学などに代表される “理屈でこじつけた成果のあがらぬ事象” を継続するより、むしろ結果から その現実をうまく説明できることを由とする。その意味では 知識より成果・効能を追求すべし。これが現代的! ということでもあるのだろう。

仮想通貨の流出問題とiPS不正論文

仮想通貨取引所大手の『コインチェック』から、約580億円分の仮想通貨 流出問題が浮上した。つい先日もビットコインに関する記事を書いたばかりだ。

セキュリティー技術導入への怠慢から《不正アクセス対策の不十分さ。利用者保護の観点欠如。》も指摘されてるが、はたして そうだろうか? “見えないところ=裏” では、いろいろ暗躍してるような気がしてならないのだが・・

世は さしずめパワーゲームのよう。国内のバランスだけではなく、もはや それは世界的な規模において! よって 企業とかシステムにしても、その設立経緯や運営体勢のみならず(報道などの目に見える類いだけでなく)【その前・その背景・元の元の その元】どこがどのように 力を受けて、どちらへどう つぶれて はみ出してきたか? といった いわゆる量子力学的な見方をしなければ、何も把握できなくなってきてるのが現状であろう。

iPSにおける 京大助教授の論文不正だって それほど単純じゃないだろうし、もう本当に手間をかけて、最大限のインファレンス能力を駆使しながら、調べに調べ尽くさねば・・真実の予測さえ “ままならない” のが正直なところだ。

「思わせたいように思わせる。そのために真実を作る。」誰もが薄々感じていても、その背景を導き出す要素さえない現代。いわゆる 皆が明日ではなく、明後日の方向ばかり向かされて・・結局 足下しか見ない! みたいな様相だが・・本当にそんなのでいいの? 仕方ない! とさえ思える。

目の前に出てくる 明るそうな未来の種! は およそマーケット。何らかの理由や背景があって、ようは 儲けるため! 利得を得るため! に作られたものにすぎない。おそらく 表に出てくる当事者たちも その事に気づいてないだろうが、これらの初期動機が “結果として=たまたま” 役立つものとなり 世間に賞賛されてるだけ! と考えたほうが現実に近いのではなかろうか。

策略は汚い手段ではない! 外交でも何でも、むしろ それが普通なのである。すべては理屈ではなく、論理でもなく・・もはや感性に頼るしかない世情となりつつある! そんな気がしてならないのだが。 

円建てビットコイン増加で日本も仮想通貨大国

一昔前は FX投資の宣伝ばかりだったのに・・最近は、TVでもBitcoin(ビットコイン)のCMを よく見かけるようになった。それにつれてだろうか? 知人やクライアントからも「ビットコインって どうでしょう?」と問われることが多くなった気がする。

例によって例のごとく メディアは「円建てビットコインが世界の半分以上に達した」「日本はもはや仮想通貨大国だ」と煽り立てるが、個人的には「しばらくは そんなのやめておいたほうが良いですよ」とお答えするのが常だ。

『政府が2017年4月に行った資金決済法の改正(仮想通貨の取引所が金融庁への登録制になった)円の信用度合い・FXからの流入など』理由はどのようにでもつけられる。しかし 登録制だから信用できる? といえば そうでもないし、FXは元々25倍のレバレッジなんて正気の沙汰じゃない代物。円の信用度が高いのも昔から。そんなの昨日今日始まった事ではない。

将来はどうなるか? わからないが、そもそも仮想通貨とは《自国通貨に信用がない国》が求めてたカテゴリー。経済が成熟した国では、管理やセキュリティー面に加え、川下経済まで構築した 完全な利便性へ至るまで あまり現実的ではないツールと言えよう。

その意味では 実際に、投機大好き! の米国を除けば、これまでは中国や韓国で盛んだった! のも頷けるが・・この両国では すでに仮想通貨が規制の段階へ入ったと聞く。つまり 世界的には換金手段が制限されてきており、逃げ場のない これらの国のビットコイン資金が【信用ある 円へと形を変えて流れ込んできてる】との見方もできるわけだ。

いずれにしろ、経済や金融なんて・・川上どまりなら、ただの一過性の投機対象にすぎず、川下まで行き渡ってこそ(身の回りの主要なものがすべて これで交換できて初めて)実体あるものとなるのは当然の話であろう。

とはいえ・・ビットコインだろうと、株や投資信託・FX。その他の商品だろうが、投資は個人の裁量が基本。身近な方から問われれば、筆者はそう答えるが・・世に正しさや正解などない! とくに『人のやる事・作る事』に関しては!  マーケットとは すべからく そういった類いである事は間違いないのである。

忖度社会だからこそ

昨年は “忖度” という言葉が流行ったみたいだが・・先日もホテルのラウンジでお茶してると・・サラリーマン数人がバタバタと慌ただしく どこかへ電話してたりする。あまりに切迫してるようなので、何事か? と聞き耳を立ててたら・・どうやら そのホテルで新年会をしてる会社の人が「社長は歩くのがつらそうだ。お伺いはしてみるが、念のため 入り口へ車を回しておいてくれ。」と・・まさしく我先に “忖度” して騒いでる! わけである。

また先日も、WHOが「来春にも 日本や中国の伝統医療を “国際疾病分類” へ追加する見通し」との報道があったが・・これも【WHOが近年勢力を増した中国へ忖度した結果】であろうし、はたまた 大手TV・新聞メディアが このニュースをあまり積極的に報じないのも・・これまた【スポンサーである 製薬会社や医学業界に忖度してるから】と受け取れる次第なのだ。

企業では 仕事ができるかどうか? より、いかに忖度できるか? が問われてるようだし、東洋医学が認められた! わけじゃなく 中国の力が強大になったかどうか? で、その扱いも変わる。そして メディアは “国民の知る権利” という建前より スボンサー様! これが世の中なら・・それもそれ! なのだろう。

しかし たとえ現実がそうであろうと、鍼灸師や漢方の関係者。柔道整復師とかマッサージ師などの皆さんには、世界的認知が来年から少しでも向上するなら 世界へ出てゆく足がかりとしては好機到来! なのは間違いない。世間が忖度で動くなら、これを無関係! としたり、やさぐれたりするだけじゃなく、むしろ「皆がどう忖度するか?」を読んだ上で、未来への流れをつかみ取る事こそが重要に思われる。

広告を非表示にする

未来都市イメージから推測される 明るい未来

ゴタゴタした水掛け論ばかりで、到底 解決できる見込みもない現在より・・未来のほうが断然面白いし 興味深いように思う。元来、筆者は未来待望派で、 そういった論文ばかり 好んで観る傾向にあるが、来るべき 2020年以降は 我々の住空間も劇的に様変わりしそうだ。

清水建設による未来都市構想『グリーンフロート』は、下記イメージが示すとおり、海に浮かぶ 直径3000mの人工島で・・高さ1000mの逆円すい形タワーに約3万人が居住する海上都市となっており、水や食料・エネルギーの自給自足など、自立する新環境都市モデルを目指す。

f:id:lifereproduction:20170926213853j:plain

また 竹中工務店の考える未来都市は、これとは趣向が異なり、ドーム型をした “上部が透明な” 複数の都市を、緑の中を高速で移動できる交通網が結ぶ形。先日、このブログでもお知らせしたとおり《構造物を100分の6ミリ“浮かせる”実験》が成功した事も踏まえてであろうか? 将来的には『街ごと浮かせるフロートシティ』も視野に入っている。

このように各種ゼネコンが計画する未来都市は さまざまな様相を呈するが・・それらはけして絵空事ではなく、将来において、十分 実現可能なものとして認識される次第である。

これらを考慮した上で、未来風景を総合的に考えるなら、地上には「空に浮かぶ フロートシティ」海上には「海に浮かぶ グリーンフロート」おそらく その時期には《重力も自在に操れてるはずだから》北朝鮮他のミサイルも無力。地震も無関係。エネルギーもほとんどいらない。そんな生活も普通になってるかもしれない。

政治や経済・思想なんかで 世が変わった試しなんて、歴史上 存在しない。いつも世界をがらりと一変させてきたのは科学と技術のみである。ただ ミサイル防衛の強化など、現状やらねばならない事もたくさんあるのは事実。ゆえに「いま成すべき事は粛々と実行しながら、それらを完全に払拭できる未来技術の開発も同時に進めてゆく必要もあるだろう」いずれにしろ、どんなに今が暗くとも 明るい未来を目指して・・これこそ最も重要な気もするのだが。