読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『海賊とよばれた男』

百田尚樹氏の歴史経済小説を映像化した 映画『海賊とよばれた男』を観てきた。

主人公のモデルとなったのは、言わずと知れた 出光興産創業者の出光佐三氏である。彼は神戸大学在学中には外交官に・・と考えてたそうだが、実際は、従業員わずか3名の酒井商店へ丁稚として入店しており、当時の学友から批難の的になったとの話も漏れ聞こえる。(最近は、こういう志のある若者が皆無となり、皆がエスカレーター式の人生を望む傾向にあるようだが)

ストーリーに出てくる会社設立時の出資者は、当時、彼が家庭教師をしていた子供の父親で、資産家の日田重太郎氏であり、別荘を売却して得た設立資金を渡された際に「これはあなたにあげる。だから返さなくていいし利子もいらない。また、事業の報告もしなくてよい。君が好きに使え。」と言われたのはどうも事実みたいだ。(こういう“自らの目と感性を信じる出資者” もとんといなくなった。すぐに配当! リターン! が通常であろう)

また、敗戦直後の訓示「愚痴をやめよ。愚痴は泣きごとだ。戦争に負けたからと言って誇りを失ってはならない。すべてを失おうとも、日本人がいるかぎり、この国は必ずや再び立ち上がる。」も概ね史実どおりとされている。

そして、満鉄での海外石油メジャーとのいざこざ。自社所有の日章丸にて、英国と係争中のイランのアバダンから、ガソリンと軽油を満載して川崎へ入港したのも有名な話であり・・

英国資源メジャーとの係争の際に「この問題は国際紛争を起こしておりますが、私としては日本国民の一人として “俯仰天地に愧じない行動”【天の神に対しても 地の神に対しても、何ら恥ずべきところがない事】をもって終始することを裁判長にお誓いいたします。」と答弁したことも伝わっている。

そんな フランス文化勲章も受章した彼に終止一貫してたのは「何のために」ではなかろうか。つまり、何を目的としてるか? が常にはっきりしてたわけだが・・目的のためには、相手が政府機関や官僚だろうが、戦勝国だろうがおかまいなし。知恵と度胸と緻密さ。そして自らの行動や姿勢を皆へ示すことで乗り切る。それが彼の生きる筋であり、哲学だったようにも感じられる。

久しぶりに日本人らしさが随所にみられる素晴らしい映画だったが、このような社長なら、きっと誰もがついてゆくに違いないし、かくいう筆者も「こんな経営者とだったら、是非とも仕事をご一緒したいものだ。」と思った次第である。

世界で最も魅力的な都市 東京

世間には訳のわからない “イメージだけの言葉” が多いものだ。たとえば「ニューヨークセレブ」「ビジネスするならニューヨーク」とか「観光なら ローマ・パリ」なんてのは、その代表かもしれない。

なぜなら 都市別GDPでみれば 文句なしに東京圏が世界一である! のはまぎれもない事実。よって正しくは【ビジネスもセレブも日本の東京】ということになろうが・・おくゆかしい日本人としては、そんな主張をすること自体 はばかられるのは申し上げるまでもない。

ちなみに、これも “よほど恣意的でないかぎり” 当たり前の話だが・・先頃、米旅行専門誌「コンデナスト・トラベラー」の《世界で最も魅力ある都市調査》で東京が世界一に選ばれた! との報道があった。ちなみに2位は京都。3位はイタリアのフィレンチェだそうだ。

筆者には ある意味、イタリアやフランスなどの観光都市は【その作られた由来どおり】《博覧会の会場》にしか感じられない次第だが・・それはともかくとして、都市機能において、文句なしに東京が世界一なのは明白であろう。そろそろ イメージで物事をはかる風潮はやめにして、すべてを事実に基づいて・・そんな世情になってもよい気もするが。

映画『ジェイソン・ボーン』

映画『ジェイソン・ボーン』を2回も観てしまった。

この映像の魅力は何と言っても、他にはない圧倒的スピード感だ。カット割りの早さにハンディカメラの手ぶれ感があいまって、さらに緊張感や切迫感がスクリーンから迫ってくる・・007とともに、スパイ映画ではお気に入りのシリーズである。

じつは筆者の時計も オメガとタグホイヤーだったりして、映画に影響されてるのが まるわかりだったりするが・・それはさておき、この年齢になると、もはやビジネスパーソンから学ぶものは何もなくなってしまう現状があったりする。

もちろん そこには本業より、生産性のない金融のほうが儲けとしては手っ取り早くなった世情の影響もあろうが・・むしろ《魅せる》という意味では、映画や舞台・コンサートのほうが参考になることが多いものだ。いずれも、エンタメには欠かせない、良い演出・音・動き・所作へ触れるにはもってこいの代物なのである。

スターダストレビュー 日比谷野外大音楽堂Live

日比谷野外大音楽堂にて、スターダストレビューのLiveを観てきた。

天気予報によると、台風の影響で荒れた天候となる予定。『備えあれば憂いなし』ということで、レインコート持参。準備万端で出向いたのだが・・日頃の行いが良かったのか??? むしろ暑いくらいの晴れ模様だった。

ここ数年、年一回は彼らのコンサートへ足を運んでるが・・ちょっと面白さにはまってしまった感も出てきた。MCの巧みさ。演奏と歌のうまさ。ハーモニーの美しさ。など、Liveの面白さが凝縮されてるから・・本人たちも自虐的に話してるが「たとえ、ほとんどの楽曲が売れてないから知らない」としても、十分楽しめること請け合いである。

小池都知事 都政改革本部をスタート

東京都の小池百合子知事が いよいよ動き始めた。今回、新たに設置された『都政改革本部』のメンバーからは、おぼろげながら都政改革の全容も見えてきた気もするが、特筆すべきは・・多くの同業者(なかには知り合いもいる)つまり コンサルタントが含まれてるところだろう。

メンバーには、大阪府改革の旗手 上山信一氏(慶応大と米ジョージタウン大学政策大学院教授、東京財団上席客員研究員でありながらマッキンゼー出身のコンサルト)の他にも、同じく デザイン・クリエィティブ関連などに強いマッキンゼー出身の経営者&コンサルタント 町田裕治氏や、ITに精通したグレートジャーニーの安川新一郎氏・イオン顧問の山梨広一氏といった名前がみられる。

それにつけても「会議の模様がインターネットで完全生中継され、情報公開の徹底と不透明な政策決定との決別が目的」とくれば、やはり思い出されるのは大阪府橋下徹氏の改革路線ではなかろうか。これは上山信一氏をトップに据えた点からも明らかに思われる。

『来年度予算の確保のため、今年度の予算を使い切る』『変化を求めぬ 慣習に従ったルーティン』は、公務員やサラリーマンなどの《一つの仕事しかしてこなかった方》に多くみられる傾向だが、真のコンサルタントは皆、複数の仕事を同時にこなし、社員から経営者までいくつものポジションを経験してるのが普通である。(そうじゃなくともコンサルタントと呼ばれる人もたくさんいらっしゃるが)

いつの世も、変化せぬ者と変化を促す者とのせめぎ合いは存在する。今後の都政は【変わるのか? 変わらないのか?】が焦点となるが、それは同時に《変化せざる者と変化してきた者との戦い》とも言える気がする。