補助金目当ての内需産業

毎回 会合で現れるのが「○○省から補助金を引っ張る方法」を力説する おじいちゃんたちだ。彼らは日本経済の象徴といえる存在だが「そろそろご退席願いたい」と感じてるのは筆者だけではないだろう。そんな意見を代表して取締役に伝えると「そんなことしたら省庁から睨まれてやりにくくなる」との答えが必ず返ってくる。

各種規制から生じた官民一体の慣習は確実に日本企業の手足を縛っているが、ここへ言及するのは当事者たちには無理である。ならば、やはり少なからず外圧を駆使しなければならないだろう。その意味で 最近、世界的経済過渡期に呼応する形で、政府が受けている米国からのプレッシャーは好都合かもしれない。内から変わろうが外から変えられようが、結果よければ それで由だ。

規制をはずせば、仕事がなくなるのは高齢者たちだろうが、それでも もういい加減に若者へ実権を移していかないと、本当にすべてが立ち行かなくなる気がする。補助金などあてにしてるかぎり、既得権益重視の偏重は是正できないはずだし、ビジネスの相手先も国内にかぎられてしまう。ケインズは機能しないと歴史が証明している。一刻も早く新自由主義へと舵を切るべきではないだろうか。