橋下大阪市長が議論に強い理由

討論における 橋下大阪市長の強さの源がどこにあるのか?が話題だ。1月15日の『報道ステーションSUNDAY』では、橋下市政に批判的な立場をとる北海道大学大学院・山口教授と対決したが、その際に橋下氏は「(改革の)中身を全然知らない。少々難しくても新しい仕組みをつくっていくのにチャレンジするのが政治家。それをワーワーワーワー無責任にいうのが学者だ」とバッサリ斬り捨てている。

また昨年末に放送された関西ローカル番組『キャスト』では、職員労組に対する対応が乱暴だと指摘する経済評論家・森永卓郎氏に「現場を知らない。コメンテーターの井戸端会議と違って、政治は権力闘争なんです。暴力的にいかなくてどうやって改革するのか」と応じているし、1月28日の『朝まで生テレビ!』に出演した橋下氏は、反論する帝塚山学院大学薬師院仁志教授に対し「では、今のままの大阪市でいいと思ってるんですか? 大阪をこう変えたいというアイデアはあるんですか?」と強い口調で切り返してもいた。

このように“橋下嫌い”の大メディアは、評論家の口を借りて何とかして橋下氏をギャフンといわせたいと画策してるみたいだが、こういうバトルは一般市民には非常に受けがいいわけで、その皮算用はことごとく外れ、逆に橋下人気に手を貸す結果を生み出してるようにも見える。やりこめられる一方の大阪市労組幹部からは「あの人に口喧嘩や議論では勝てない。何とかして、市長を懐柔する対策を編み出さんと」なんて発言も聞かれるくらいである。

そんな橋下氏の論法を、論理学が専門の三浦俊彦和洋女子大学教授はこう分析する。三浦氏が注目したのは『報道ステーション』の中で、作家の渡辺淳一氏が橋下氏にエールを送ったあとの山口教授とのやりとりだ。「しばらく橋下氏にやらせたいな」と述べた渡辺氏に対し、橋下氏は「なにか問題がある時には、現実を知っている渡辺さんのような方に批判を受けるのは大賛成です。学者なんて何にも知りませんから。」とし、その発言に関して「小説家が現実を知ってるの?」と訝る司会者には「知ってますよ、現実を知らない小説家は売れる本を書けないでしょ。げんに学者の本なんて全然売れないじゃないですか。」と応じていた。

この論法は『自然主義の誤謬』と呼ばれ「本が売れる・売れないという自然的な事実と、現実を知ってるか知らないか?は別次元の話なのに、これを直結させて論じている点にある。また このような論理的ではない突飛な発言に論理で返すのはきわめて難しい。仮に山口教授が【学者の本は売れないが現実は知っている】と反論しても説得力がなくなってしまうからだ。

さらに ここには『通俗的イメージの濫用』もなされていて【学者は一般社会のことを知らない】というイメージを、山口教授に一方的に当てはめて、自身の発言を補強しているし【学者なんて】というレッテルで攻められれば、相手はその通俗的イメージそのものへの反証を含めて応じなければならないわけで・・・テレビ討論でそんな時間はないから、やはり橋下氏の強さが印象づけられることになる。」と述べているのだ。

ただ同じ話法のプロとして、橋下氏の強さの認識を語るならば、この分析ではちょっと弱い気もすると同時に、この辺が形而上学の限界かもしれないとも思う次第である。むしろ橋下氏の強さが最もよくあらわれてるのは「親のことを批判されてもけっこう毛だらけ。お坊ちゃんやお譲ちゃんに改革なんてできなっこない。独裁と呼ばれてもかまわない。」といった趣旨の発言にこそあるのだろう。『批判者たちの矛先は、つねに倫理へ向かう』ゆえに「私は倫理に当てはまらない」と声高に宣言してしまえば、この倫理そのものを根底から突き崩すことになるわけで・・つまり、ヒール(悪役)を自ら望んで公言できるところこそが彼の強みとも言えるのだ。

もちろん「私には常識がない」と言われれば、相手は攻めどころを失うし、自らを悪役だと言う人間に「こいつは悪い奴だ」と述べても仕方ないはずで・・・すると論理に信憑性を持たせるための善悪論さえも崩壊していしまうことになりかねない。当然、このようにヒールへ徹すれば、それだけ世間の批判は大きくなっていくのも確かだ。しかしながら、大衆には「何とか自分は責任転嫁して、誰かに押し付けたい」といった心理がつねに働くものである。よって「悪役なら責任を押し付けてもかまわない。とりあえずやらせてみようじゃないか」という構図が出来上がっても不思議はなかろう。

これが存在論に基づく現実だが、ただ、それを実行する本人には相当の覚悟が必要なのは間違いない。従って、事を成す人物には「悪役になれるかどうか?」が最も重要な資質ととらえることも出来るはず。そういった志に根ざした覚悟ある人がなかなかいないからこそ、現状の日和見的世情が作り出されてきたのもそのとおりであろう。裏を返せば、そこらへんを逆手にとって、すすんで批判を浴びるつもりなら、何事もやりやすくなるのは明らかだ。世の中は奇麗事ではすんでいかない事ばかり。目的を遂行するなら、リーダーには汚れるのも辞さない覚悟が求められるのではなかろうか。