「日本は第一級国家を志すべき」  アーミテージ=ナイ報告からのメッセージ

CSIS(米戦略国際問題研究所)から、第三次アーミテージ=ナイ報告が発表された。この報告を作成した アーミテージ氏は親日派で、日本を米国の良きパートナーとするために一貫して努力してきたことでよく知られる人物だが、その内容を要約すると以下のようになる。

日本国民と政府が、二級の国で良いというのなら この報告は無用だが、げんに日本は強力な国家であり、潜在的に第一級の国になる能力を持っている。日本が強力な米国を必要とするように 米国は強力な日本を必要としている。東アジアにおける安全保障環境が変化しつつある この重要な時期において、日本は、今のままで安住するか、それとも指導力を発揮するかを自ら決める能力を持っている。ゆえに米国は 以下を日本へ提言することにした。

日本は、TPPだけにとどまらず米国との全般的な経済的絆を強めるべきだ。共通の価値観を有する日米韓の協力が必要不可欠である。日米同盟は、中国のいかなる変化にも対応できる能力と戦略を持つべきだ。ホルムズ海峡南シナ海における協力強化が求められている。技術協力、サイバー協力などの強化が必要である。核の拡大抑止については、日米協力全般の強化が必要だ。集団的自衛権行使の禁止は同盟の障害となりうる。トモダチ作戦では何の障害もなく日米両軍が完全に一体となって活動したのに、それが日本の安全という最も深刻な事態では許されていないが、これはたいへん皮肉なことである。

筆者は 最近の日本と中国・韓国との関係について、どうも納得できないところがあった。しかし、この報告を見て すべて理解できたような気がする。米国には もはや在日米軍を駐留させておくだけの余裕も予算もなくなってきているのだ。だとしたら、日本自身で自己防衛力をあげるしかないだろう。それは軍事だけにとどまらず、外交力においても同様だ。その際に最も重要となるのは国内世論である。日本はこれまで平和に慣れすぎてきたゆえに安保への意識がとても低い。そろそろ 自立した国として 独り立ちする時期にきているのだが、今後は そういった意識付けを外圧によって、随時 鼓舞していかなければならないと思われる。

これが米国の意思であり、それに呼応した日本の官僚・政治家たちの認識なのだろう。もちろん韓国も、米国の財政支援を受けている関係上、この指針には協力せざるを得ない。そして、中国は この方向性に強い危機感を抱き反発しているというのが、大筋の経緯ではないだろうか。つまりは アジアのみならず、世界の安保状況において、日本は重要な位置を占めていて、それを担う力を持っているにもかかわらず、今まで日和見的に過ごしてきた。よって 戦略的に外圧を活用してでも日本の世論を変えて、安保に対する意識付けをしながら、自立した一級国への道を歩ませる必要があると米国は判断をしたということである。要するに 最近の一連の出来事は、これらに准じて起こったと考えるのが自然であろう。

これが良いか悪いかは別にして、やはり そろそろ日本も外交的に自立の時がきているのは間違いないだろう。米国から それを促されても仕方ないとも思われる。いや そうでなければ、この先の世界情勢の荒波に立ち向かってはゆけないとも感じざるを得ない。しかし、この「日本を第一級の国家となす」というのは、どこかで聞いたことがあるセリフだ。そう、あの戦後に長く総理を続けた 吉田茂元首相の意思である。節目ふしめで時代は繰り返すものなのだと改めて感じさせられる。それにしても米国はしたたかだ。つねにいつも戦略的である。今後 日本が自立した一級国となるためには、そのしたたかさにおいて見習わなければならない部分もたくさんあるような気がする。いつまでも どこかの誰かを頼ってばかりはいられない。遅かれ早かれ、いつかは国も個人も自立しなければならないのだから。