山中伸弥教授がips細胞でノーベル医学生理学賞受賞

ノーベル医学生理学賞に、山中伸弥 京大教授が輝いた。ips細胞の開発からわずか6年、50才という若さでの受賞だが、この出来事は、ips細胞が世界からどれだけ期待をかけられているかを証明しているようでもある。

報道で 山中教授の受賞会見やインタビューを拝見したが、どれも素晴らしいもので たいへん感銘を受けた。まず、国と国民の皆さんに感謝を述べていらっしゃったが、これもなかなかできることではない。なぜなら【補助金を使って成果をあげさせてもらってる学者たち】から、「全国の皆さんへのお礼の言葉」を聞いたのが初めてだったからだ。つまり、これは 他の学者には【補助金=税金(国民のお金)】という意識が欠如していることを示し、山中教授には そういった自覚が明確にあることをあらわしていると思われる。そしてまた「真理は何重ものベールに覆われている。たいていは ひとつベールをめくっても、また次のベールが表れるのみだが、今回は たまたま私たちが そのベールを取ったら真理が現れただけ。ゆえに過去・現在・未来に至る それら一枚一枚のベールがはがされてきた工程もたいへん重要なものだったことは言うまでもない。」といった趣旨のお話をされていたが、これは 研究というものを表現するにおいて、きわめて適切な例えであるとともに、他の研究者への気遣いが感じられる きわめて優秀なスピーチでもあるわけだ。やはり世界で通用するには、高いスピーチ能力が必須なのだと改めて確認させられた。

神戸大学医学部を卒業し、国立大阪病院で整形外科医になった彼は、現場で【あまりに治らない患者さんが多いことに驚愕する】 本人は整形外科医を辞した理由を「不器用で手術が下手だったから」と謙遜しているが、これもまた 現在 整形外科医をしてる先生方に対しての 彼独特の優しさではないだろうか。とにかく、彼は「それら医学の矛盾を根絶するのは基礎研究しかない」と、再び大学へ戻って大学院生となり、米サンフランシスコのグラッドストーン研究所へ留学。そこで研究とは「ビジョンとワークハード」 つまり、長期的な目標を持ってひたむきに努力することだと、マウスのES細胞(胚性幹細胞)の研究に没頭していく。しかし、そう現実は甘くない。帰国してからは不遇の日々が続く。資金も環境も整わない日本では何もできなかったのだ。ほどなく 奈良先端科学技術大学院の助教授へ公募するまでになっていたが、そこで彼を救ったのは まさしくスピーチ能力だったのである。大学院生約120人の前で講演の機会を得た彼は、一緒に研究してくれる学生たちを募集するために「受精卵を使わないでES細胞のような万能細胞を作る」(これが今のips細胞)という「夢のある大テーマ」を語り、これによって 現在、京都大講師をしている 高橋和利さんら優秀な研究者を呼び込むことに成功したのだ。

現在、ipsの研究は 目の網膜に関しては2〜3年後、脊椎では5年後をめどに 国内で臨床が始まるとの事。その他の脳や臓器などは、海外の機関が受け持つことになるのだろう。将来、病のみならず 病院さえも根絶してしまうかもしれないこの技術を、営利企業へ独占させないために、彼は特許申請にも力を入れているようだ。すべては「この技術を待ち望む人へ届けるために」 治らない病に苦しむ患者さんを目の当たりにしてきた彼の理念はいささかもぶれていない。そんな山中教授は「若者に対するメッセージを」と問われて、こう答えている。「今の若者はぜひ 世界の方々とファーストネームで呼び合う経験をすべきだ。そして、何も信じないでほしい。教科書も先生も私の事も。」それはあたかも「この病は治せない!なんて戯言を信じるな。不可能はやがて可能になるのだから」と、彼自身の人生観をそのまま語っているようでもある。