自民党都連、猪瀬氏に「NO!」

「ポスト石原」を選ぶ 東京都知事選の行方が注目されている。石原慎太郎知事は辞任会見で、事実上、猪瀬直樹副知事を指名したが、それ以外の有力候補らも「首都の顔」を目指して動きを活発化している。今後は【カギを握る自民・公明両党の都連】が誰を押すかも気になるところである。なぜなら 多大な権限を有する東京都連は、これまでも政府や世間の動向を無視する形で、毎回「独立独歩ぶり」を見せてきたからだ。今回も、石原氏の後継発言を突き放して「猪瀬氏では選挙をやらない」なんて発言をしている。

では、その他の候補者として名前があがるのは・・・これまでのところ、小池百合子元防衛相や舛添要一元厚労相、蓮舫前行政刷新担当相。それに都連にバックアップしてもらいたい 東国原英夫前宮崎県知事など、さまざまな名前がとりだたされている。しかし この顔ぶれでは東京都がまた赤字財政に転落しかねないだろう。強力なリーダーシップがないということは、気弱ということに他ならない。それなら まず間違いなく、まわりに流されて利権にどっぷりといった事態を招くだろう。こういうのは自然発生的だから例外は考えにくい。彼らが必ずしもそうだと申し上げているのではなく、これまでの言動や実績からは リーダーシップを発揮できる素養がうかがえないということである。

それに加えて、少なくとも これまで猪瀬氏は道路公団や東電と闘ってきた・・・それも綿密にしたたかに。そして最も重要なのは【東京都は 国政とは比べ物にならないほど優秀なブレーンを多数抱えている】という点である。もし体制が変わってしまえば、次期都知事は愚かにもそういったブレーンたちを追い出してしまう可能性さえあるということだ。そうなれば、真の意味で【東京都の財産】が失われることになる。いずれにしても、猪瀬氏以外の人選はあり得ないと思われる。それは 彼にいかに人望がなかろうが、これまでの経緯において いくら周囲と軋轢を生じさせていようがである。そもそも選挙が人気投票である必要性ってあるのだろうか? 実績を残してもなお 世情の思惑でそれらが不問にふされてしまうなら、多数決の意義さえないような気がする。候補者が自らの自尊心と公の益を両立させたいなら、その目的はあくまで「都民の益になる実績をあげたかどうか」に尽きるのではなかろうか。マニュフェストやビジョンの内容ではなく、結果こそがすべてなら・・・現職もしくは その腹心が成果を挙げている以上、他の人を新たに人選するなんて選択肢はないはずである。