女性が働き続けたい理由は「経済的な自立」

人材総合サービス エン・ジャパンが実施した「就職・転職関連情報サイト利用者の女性1万5000名」を対象にしたアンケート結果がじつに興味深い。

なんと8割の女性が「これからもずっと働き続けたい」と答え・・・その理由で ともに7割を越えたのが、未婚者は「経済的な自立の道は持っておきたい」 既婚者では「家計的に働ける間は働いておきたい」といった回答だった。また「業務の幅を広げたい」「責任あるポジションに就きたい」といった意見も多数を占めたが 「毎日同じことの繰り返しでは進歩がない。業務の幅を広げて 人間として大きくなりたい」「いくつになっても向上心を持っていたい」などの回答もみられたそうだ。

クライアント企業でも、女性のやる気を肌で感じる機会は多いが、この調査でも そのとおりの結果が出たかっこうだ。自立・変化・進歩といったキーワードは、世の男性にとっても耳の痛いものだろう。もはや 世界的にサラリーマン時代は終盤を迎えている。人として幅を広げ たゆまぬ向上心を持ち、自身にもっと興味を抱き続けていかないと、自立なんて とても維持できない世情になりつつある。