心停止後に「脳が活発化」 臨死体験の科学的解明

心臓まひなどを起こして死の淵に立った人が蘇生した際、つまり医師が臨床死と呼ぶ段階において、それらを体験した患者の約20%が、なんらかの視覚的な経験をする! といった話は世間でもよく知られている。しかし、それらの神秘体験も、当たり前の事として、そろそろ科学で解明されてきそうである。

米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された論文によると、脳は血流が停止した後も30秒程度、活動を続けることが分かったという。研究を行った米ミシガン大学の科学者らは、実験用ラットで心停止を誘発させた時に「脳の活動レベルが異様に高かったことに驚いた。臨死状態では、脳内電気信号の多くが覚醒状態のレベルを上回ったが、これは臨床死の初期段階においても、脳が系統立った電気活動を行える可能性を示唆している。原因としては 心停止中の酸素やブドウ糖の減少によって、意識的過程の特徴である脳活動が刺激されたことが考えられる」と話している。

現実とはすべて その方の脳内で起こった出来事である。だから「同じ事象でも、それぞれの受け取り方(認識の仕方)や 過去の体験・経験(既存知)傾向性・癖(習慣)などによって現実も異なってくる」わけだ。したがって、そこに正しさとか間違いがあるのではなく、問題は・・・それが役立つかどうか? だけのようにも思われるのだが。