読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サムスンがアップルに先駆け 腕時計型端末を発表

サムスン電子が アップルに先駆け、腕時計型端末「GALAXY GEAR」を発表した。スマートフォンと無線通信でつなげてメールやアプリが使用でき、ベルト部分にスピーカーやマイクが内蔵されてるから電話も受けられる。もちろんカメラ搭載で写真も撮れるし、バッテリー稼働時間も25時間と十分だ。

f:id:lifereproduction:20130907103501j:plain

ただ、このデザインは・・どうにもいただけない。前時代的で、いかにも取ってつけたような感じがするのは筆者だけだろうか。製品開発の基本である『機能・性能・効能』を考慮すれば、明らかに効能の部分で意図不明に思える。人間工学に基づけば、じつはこの効能が最も重要で、ここが欠けてしまうと機能や性能も自ずと低下せざるを得ないのだが。

個人的には、アップルが開発中の iWatchの発売を待ちたいが、それより興味をひくのは、やはり本命のグーグルグラスである。大画面ディスプレイ機能は付くのか? そこへPC画面やキーボートは浮かび上がったりするのか? 市販化された後の進化過程も含めて『近未来のライフスタイル変革』へ向けて、メガネ型端末には、あらゆる可能性がつまっているような気がしてならない。