猛烈な台風ハイエンがフィリピンに上陸

観測史上最大級の勢力をもつ 猛烈な台風30号(ハイエン)が、フィリピン中部へ上陸したようだ。

フィリピンの気象庁によると、中心気圧は895hPa、風速は87.5メートル、最大瞬間風速が105メートルと・・・もはや台風ではなく、超大型ハリケーンに匹敵する数字が並んでいる。日本本土に上陸した台風のなかで 観測史上最も上陸時に中心気圧が低かったのが、1934年(昭和9年)の室戸台風で 中心気圧が911hPaだったことからも、この台風がいかに勢力の強いものかがわかる。

研究者の中には壊滅的打撃を予想する者もいて、昨夜は心配であまり眠れなかった。現地には知人も多く、関係各位の支援施設などもある。場合によっては渡航せねばならないが、とにかく今は無事を祈ろう・・・少しでも被害が軽減されることを。


Super Typhoon Haiyan (Yolanda) Hits ...