うつ病の発症メカニズム

成長期のマウスにストレスを与えると、脳の活動を調節する遺伝子の働きが抑えられ、認知力の低下などにつながるとする「うつ病発症のメカニズム」を、名古屋市の大学などの研究グループが発表した。

うつ病などを発症しやすくしたマウスを、集団で育成するものと 一匹ずつ隔離したものとに分けて、それぞれヒトの思春期に当たる時期から3週間にわたって飼育した結果・・・集団飼育したマウスに異常は見られなかったものの、隔離したマウスには、認知力が低下したり 動きに活発さがなくなるなどの「うつ病統合失調症の症状」が見られるとともに、脳を刺激する「ドーパミン」という物質を作る遺伝子の働きが大幅に低下していたとの事。

こうした症状は、発症後には集団飼育へ戻しても改善されることはなかったが、あらかじめストレスで分泌されるホルモンの働きを抑えておけば症状そのものが現れなかったとされている。この実験結果から研究グループは「ストレスによって脳の活動を調節する遺伝子の働きが低下して、うつ病などが発症するメカニズムが理解できた。発症の仕組みが分かったことで、今後は新たな治療薬の開発にも役立つだろう」とのコメントもよせている。