日本に対する地政学的認識

よく行く銀座のレストランには、壁に巨大な地図が描かれている。しかし、パッと見ると・・それが地図だとは感じられない。なぜか? その地図は南米を中心に描かれており、しかも南北が逆になっているからである。

つまり、その国の人たちは「自分の国の位置」から世界を見ていて「私たちの視点とはまるで異なる」ことに気づかされるわけだが・・下の世界地図も “ヨーロッパ中心の地図” で、私たちがいつも目にする「日本が真ん中に書かれた地図」とは異なるが、これなら「日本=極東」と表現される所以もよく理解できるのではなかろうか。

ヨーロッパの人々にとって、アメリカ・アフリカは以外に近いけど、日本はとても遠い国。日本と中国・韓国・ロシアの領土問題に関しても “東の果ての出来事” なのだろう。何だか世界の端にあるけれど良いものを作る国。欧米人にとっては、おそらく日本ってそんな感じなのかもしれない。