プレゼンが世界を変える〜人の心を動かす技

Eテレ特集「プレゼンが世界を変える〜TED 人の心を動かす技」を観た。TED(Technology Entertainment Design)とは、アメリカのカリフォルニア州モントレーで、年一回 開催されるプレゼンテーション講演会を指すが、現在その規模は東京はじめ世界各地へとどんどん拡大しつつあるようだ。

TEDという命名の由来にもあるように、毎回 テクノロジー・エンターティメント・デザインの分野から優れた人物を招き 開催されていて、講師には Microsoftビル・ゲイツ氏やWikipedia創設者のジミー・ウェールズ氏などの著名人の他にも 無名の人物も多いとされる。講演会へ出席して 生でプレゼンを見れられるのは、年会費7,500ドルを支払ったTED会員限定だが、2006年からは講演会の内容をインターネット上で無料動画配信し始めたので 誰でも視聴できるようになっている。

TEDを初めて見る人におすすめの10本  
TED〜Talks in Japanese 日本語字幕付き 

TEDが始まった時期は、ちょうど筆者がスピーカーとして活動し始めた頃とも重なるが、何故そのチョイスをしたか? の理由は単純かつ明快。「地位も名誉も肩書きも持たず、資産ゼロでも自由に生きる術ってないだろうか?」そう考えてたら、この職業へ思い当たっただけなのだ。

当たり前の話だが、もし短時間で 場所を選ばず(たとえ街頭だろうと) 人を選ばず(知らない人ばかりの中で) 聴衆の心を動かし、製品を買ってもらったり 何かへ賛同してもらうことが可能な話術を身につけたなら・・まさしく何ら所持する必要性さえなくなるわけで、実際 これまでもそのようになってきたし、今もそうして暮らしてるのはまぎれもない事実である。

これまでコンサルタントとしてやってこれたのも、きわめて優秀なプレゼンターという側面があったからに違いないが・・いずれにしろ プレゼン能力が、何にも勝る強大かつ強力な力であり、自由になるためのキーワードの一つである事だけは間違いなさそうだ。