ドラマ「リーガル・ハイ」 10月に新シリーズ

スペシャルドラマ「リーガル・ハイ」を観た。いま最も脂がのってる俳優 堺雅人演じる人格破綻者の弁護士と、新垣結衣演じる真面目すぎる弁護士の凸凹コンビが活躍する 以前に放映されていた連続ドラマのスペシャル版だ。

しかし、いくら配役が良くても、やはりエンタメは脚本によって大きく左右される。その点、このリーガル・ハイの脚本は、日本アカデミー賞最優秀脚本賞の映画「ALWAYS 三丁目の夕日」や 向田邦子賞の「ゴンゾウ 伝説の刑事」も手掛けた 古沢良太氏だから面白いに決まっている。

とにかく特筆すべきは、この『主人公が人格破綻者』という設定の絶妙さだ。その前提あるがゆえに、主人公の口から毎回はばかることなく「世間ではタブーとされてる 人間の本音や世の真の姿」などを語らせる事ができるのだ。とくにラストで、女性弁護士の努力によって解決されたがごとき『綺麗ごとの感動話』が・・・じつはすべて、ドロドロの人間模様を裏で巧みに操る 主人公の画策によるものだったというオチが「優れたコメディーとは こうでなくちゃ」と大いに笑わせてくれる。

本当に最近は、このようなリアル作品が皆無になった気もするが、これを打破するのはプロデューサーと脚本家の力量によるものが大きいだろう。放映規制が厳しくなったと嘆く前に、もっと巧妙な仕掛けを用意する方向性を考えるべきではなかろうか。何かにつけて 規制や干渉なんて打ち破るためにあるのだから。このリーガル・ハイ 10月から再度連続ドラマになるらしいが、楽しみがまたひとつ増えたように思う。