読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Patti Austin - Baby Come To Me

聴けば聴くほど・・・パティー・オースティン(Patti Austin)って、つくづくすごいシンガーだと実感させられる。彼女のLiveを観てから大ファンになり、毎日のように歌声に酔いしれてるが、これほどのアーティストを他に知らない。

ブルージーで七色に変化する声・まったくぶれない低音から高音までの幅広い音域・ファンキーなノリと明るさ・スィングを醸し出す絶妙な間など、どれをとっても超一級品である。それにくわえて、フランクなクラブシーンでは下記動画(音質は悪い)のように、随所に一人デュエットみたいな遊びも取り入れてくれるのだ。

普通は喉を痛めるのであのような声の出し方は絶対にしないはず。ましてやグラミー受賞のトップシンガーであればなおさらだ。しかし、オーディエンスを楽しませるためならそれも厭わない! なんて心意気がまた素晴らしいではないか。誰もが一度生で触れたらファンにならずにはいられない。パティー・オースティンは まさしくそんな生粋のエンターティナーなのである。