読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STAP論文、理研が撤回を検討

理化学研究所などが英科学誌ネイチャーに発表した新型万能細胞「STAP細胞」の論文に不自然な画像があると指摘された問題で、共著者の若山照彦山梨大教授が「STAP細胞の存在に確信が持てなくなった」として、理研小保方晴子・研究ユニットリーダーらに論文の撤回を打診しているそうだ。論文の取り下げには共著者全員の同意が必要で、今後の対応を検討している最中との事である。こういった事態を受け、理研の広報担当者は「何らかのはっきりとした対応をせざるを得ない」としているが、理研は再現実験には先月成功したばかりであり、研究成果自体に揺るぎはないともコメントしている。

このニュースを聞いて「あぁ~やっぱりやられちゃったな」と感じた次第だ。世紀の大発見。これに対するプレッシャーに、かの教授たちは耐えられるだけの人生経験がなかったのだろうと思う。横取りしたい方々のやり口は たいていお決まりだ。「成果を自分にもよこせ」である。そして「それらを手に入れるために 信頼性を根底から揺るがすような揺さぶりをかけてくる」のが常套手段だ。つまりこのケースでは「パクリではないか? 引用ではないか?」と騒ぎ立てるとともに「掲載された手順通りに実験したのに、細胞初期化がみられない」という、まったく“いちゃもんにも近い罵詈雑言”を浴びせかける手段を取ってきても不思議ではない。メディアはそういうことが大好きなので、やたら白か黒かを論じたがるが、こんなの普通に考えれば当たり前の話ではなかろうか。

前回も述べたが、論文が過去の成果の上に成り立つ実証性でのみ検証されるなら、厳密に言えば、それらはあらゆるものの引用となるに決まってるので、そんなの言い出したらきりがない。それでも そういうことを言い出せば、いくらでもつつけるし、圧力をかけられるのは、他のどんな論文においても同様の事である。なおかつ、まだ知的所有権や特許の問題が明確ではないのに、すべてを公表するはずがないではないか。にもかかわらず「いいかげんな実験で成果があがらない」と文句を言うのは「すべてを俺によこせ」と言ってるのと何も変わらないだろう。

しかしながら、ひとつやふたつではなく、そんなのが数限りなく寄せられたら、そのプレッシャーはたいへんなものと予測される。おそらく普通の神経ではもたないであろう。よって、とうとう耐え切れずに、まんまとその手にのせられたとも考えられる。しかし今後は、そうしたことで逃れられるはずが、よりひどい仕打ちに合うかもしれない。いったん牙城が崩れたら、息せき切ってさらなる横取りを狙うのが、そういう輩の常識だが、きっと日本の政府やメディア、世論さえも守ってはくれないに違いない。

そこでもし最良の手段があるとしたら、それはiPS細胞の山中教授と手を組むことにあるのではなかろうか。彼なら そのようなやり口やプレッシャーも経験上熟知しているし、はねのけるだけの気概も持ち合わせているだろう。以前に彼も、そのような趣旨のことをTVインタビューで語っていた記憶がある。ならば、ぜひ力を借りるべきではないか。おそらく聡明な理研の理事長のこと・・・もうすでに手を打ってるかもしれないが、日本の貴重な財産を 卑怯なやり方で横取りされたり、みすみすつぶしてしまうような事だけは、何とか阻止してほしいものである。