読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オール・ユー・ニード・イズ・キル

日中は暑いので・・・恒例の散歩も、最近は夜間限定になってきた。講義や会合のない日は、夕食をとった後、映画館やカフェで時を過ごすことが多くなっている。(先日は 映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を観てきた)

ところで、夜のカフェでよく見かけるといえば、テキストやPCを広げて何かに打ち込んでる社会人の姿ではなかろうか。個人的には、親のすねをかじってまで進学を促す風潮にはあまり感心していない。やはり本当の学びには、もっと自らが求めてやまない渇望のようなものが必要であろうとも思う次第である。筆者も10代の頃の学歴は高校どまり(中学の後半から学費・生活費ともにすでに自活していたが)よって今ある技能や学歴・資格などはすべて30歳を過ぎてから身につけたものばかりである。

しかるに『90代まで頭脳が成長できる』ことは、もはや科学で証明されている。ならば、定年や年金っていったい何なのだろう?と思わずにはいられないが、もういい加減に、そういった非科学的なものは通用しない世の中にしたほうが得策ではなかろうか。もしも現状を変えたいなら、事実誤認に彩られた 周囲の戯言(嘘)になんか耳を傾けないほうが良いと思われる。彼らの言う“あきらめ”とは、“自らに向けられたもの”にすぎないからだ。人生をやり直すことはできないが、新しい自分に生まれ変わることなら、いつだって・いくつからだって出来るのはまぎれもない事実なのである。