読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

厚生労働省がコレステロール基準を撤廃

「取りすぎは動脈硬化を招く」とされてきたコレステロールに関し、日本動脈硬化学会が「食事で体内のコレステロール値は変わらない」との声明を発表した。

日本脂質栄養学会が「数値は高いほうがむしろ長生きする」と主張するなど、ここにはさまざまな論争もあったが・・そもそも、コレステロールは肝臓でも作られていて、多く摂取すれば “体内で作る量を減らす” といった調整の仕組みが働くことも、以前からよく知られていた。

したがって「そういった科学的根拠を無視した イメージ操作的アナウンスは医療マーケットの一環にすぎないのでは?」との声もあったわけだが・・ここにきて、やっと厚生労働省も“密かに”コレステロール基準を撤廃し、決着がついた形だ。

ただ、いまだに・・しょっちゅう特保のCMが流され、新聞やTVでは “悪玉・善玉コレステロール” といった趣旨で、何かと健康関連番組が組まれてるから、とくに団塊世代以上の方には、根強く食事制限に関する取り組みが成されてるようにも感じる。

いちど信じたら頑に・・は、日本人の良いところでもあり、弊害でもあるかもしれない。いずれ、その他の作られた健康関連に関する常識も“密かに”改訂されるのは明らかだが、いずれにしろ、科学を無視したマーケットは消え行く定めでしかないようである。