読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玉置浩二 プレミアム・シンフォニック・コンサート

billboard classics「玉置浩二 プレミアム・シンフォニック・コンサート 2015」にご招待いただいて、はじめて東京文化会館へ足を運んだ。いつもたいへんお世話になってる方が、以前に、玉置浩二氏の歌のうまさについて話したことを覚えていてくださったのだが、良質なLiveは、何にも増して精神の糧となる。それはそれは何よりもうれしいプレゼントとなった。

リズム楽器のないオーケストラをバックに歌うには相当な歌唱力を要するし、ドラマチックな演出がなかなか難しいので、けっこう退屈してしまうケースもありがちだが・・そこはさすが。最後はスタンディング・オペーションが延々と続く 盛り上がりぶりだった。

とくにラストは圧巻。これからコンサートを観られる方もいらっしゃるだろうから、あえて詳細は述べないが、あんなことができる国内アーティストは、やはり彼だけではなかろうか。オペラ的な歌唱をせず、低音から高音まで声量を維持するなんて、なかなか出来る芸当ではない。

毎回、事あるごとに記してるが、音を巧みに駆使する術の習得は、エンタメのみならず、あらゆる仕事や表現に最も役立つ代物である。楽しみながら身につく! これってあらゆる学習の基本。ぜひ経営者にはそんな感覚をもっていただいて、一度は彼のコンサートへも出かけてみてほしいと思うのだが。