読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アップルが定額の聴き放題サービス開始

アップルがいよいよ「定額で聴き放題となる加入型音楽配信サービス」を始めるらしい。これまでの【iTunesiTunes Music Store】の合わせ技による “音楽のダウンロード販売” というビジネスモデルを捨て、クラウド時代への対応を模索した形だが、この音楽業界を変えた巨人アップルの方向転換には「著作権などの知的財産権 崩壊への流れ」を予感させるものがある。

国内ではいまだ、JASRACなどが幅を利かせており、関連の裁判なんかも話題になったりしてるが、もはや そういった業界が生き残れるはずもない。おそらく、これからは、TV他すべての情報ツールがオンデマンドの定額制へ移行せざるを得ないだろうが、元来、こういった流行インフラは移り変わりが激しく・・むしろ、音楽や放送業界が既得として、こんなに長く続いたことのほうが不思議に感じられる次第だ。

「穏やかで何も変わらない毎日は何ものにも変えがたい」なんて、よく言われたりするが、それは非現実的な絵空事であろう。何事も変化がなければ経済なんて発展しようがないわけで・・従って、変わらないという現実は、結果として現状維持さえできなくなる! のがまぎれもない事実なのだ。

日本の音楽業界には、SONYウォークマンで革新を起こそうとした際、頑に抵抗した経緯がある。そして、アップルに先を越されて余計に低迷しているのが今の現状だ。こういった前例で学んだなら、今度はメディアもいらぬ抵抗はしないほうが得策ではなかろうか。いずれにしろ、終わり行くものはいつか終わる。自然の流れとはそういうものである。もはや「自分の代だけは変わらずに」なんて我がままが通用するほど時代の流れは遅くない。