読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療革新 一瞬で止血するジェル

『瞬時に傷口をふさぎ止血するジェル ”VETI-GEL” 』が発明された。現在は、獣医さん向けらしいが、近々人体向けの実用化も検討されている。

このジェルは「細胞外マトリックスの仕組みで体内の血液がファイブリンを生成し・・10秒以内に血が固まる」という代物だが、副作用などのリスクについては、まだ未知数・・よって、まずは獣医さんから! ということみたいである。

開発者は、NY大学の学生 ジョー・ランドリーナ君 20歳。彼は『包帯やガーゼ以外の止血方法がない』ことを不思議に思い、植物性のジェルに着想を得たそうだが『特別な保存法なし。技術も知識も不要、ただ塗ればいいだけ! 』といった簡易性も話題となり・・戦場に赴く兵士の止血用にアメリカ軍も着目。ビジネスは早くも軌道に乗りそうだ! との事である。(米国での学生起業は珍しくない)

【小さな傷から大量出血まで対応可能。止血効果は強く、長期間にわたって持続性あり。従来のような圧力を加える止血は必要なく、十分な医療設備が整ってなくても大丈夫。実験結果からは、このジェルを患部に塗るだけで、もはや強固な凝固作用が認められた。】とくれば・・この青年の発明が、医療を根底から変えてしまうことだって十分あり得るのではなかろうか。