Superfly

いまやトップミュージシャンとしてのスタンスを確かなものにした Superfly は、言わずと知れた ヴォーカルの越智志帆さんと、コンポーザー&アレンジャーの多保孝一氏による音楽ユニットだ。

曲に関しては、海外のロック・ジャズを基本としながらも、どこか日本独特のポップさを残す 親しみやすいノリの良さを特徴とし、とくにギターフレーズのカッコいいアレンジには多保氏のセンスが光る。

また、越智さんの声の張りと伸び、絶妙なハスキーさや間の取り方、シャウトの迫力は日本人離れしており、どこか枯れたジャジーな雰囲気も、あまり国内では見かけない魅力となっている。

個人的にはエキゾチックなルックスも含め、海外でも十分通用する珍しい実力派アーティストと感じるが、特筆すべきは、ここ数年の驚異的な成長度合いではなかろうか。いっきに国内レベルからワールドクラスへ転身を遂げた気がする。

広告を非表示にする