世界で最も魅力的な都市 東京

世間には訳のわからない “イメージだけの言葉” が多いものだ。たとえば「ニューヨークセレブ」「ビジネスするならニューヨーク」とか「観光なら ローマ・パリ」なんてのは、その代表かもしれない。

なぜなら 都市別GDPでみれば 文句なしに東京圏が世界一である! のはまぎれもない事実。よって正しくは【ビジネスもセレブも日本の東京】ということになろうが・・おくゆかしい日本人としては、そんな主張をすること自体 はばかられるのは申し上げるまでもない。

ちなみに、これも “よほど恣意的でないかぎり” 当たり前の話だが・・先頃、米旅行専門誌「コンデナスト・トラベラー」の《世界で最も魅力ある都市調査》で東京が世界一に選ばれた! との報道があった。ちなみに2位は京都。3位はイタリアのフィレンチェだそうだ。

筆者には ある意味、イタリアやフランスなどの観光都市は【その作られた由来どおり】《博覧会の会場》にしか感じられない次第だが・・それはともかくとして、都市機能において、文句なしに東京が世界一なのは明白であろう。そろそろ イメージで物事をはかる風潮はやめにして、すべてを事実に基づいて・・そんな世情になってもよい気もするが。