仕事とは?

仕事とは不思議なものだ。『事件や話題がなければ メディアの仕事は成り立たない』つまりマスコミとしては、自らの存在価値を高め 存続を目算する! なら「どうでもいい話題を 殊更オーバーに報じねばならない。もしくは 話題がなければ 作り出さねばならない」のである。

よって マスコミの仕事とはいったい何か? と問われれば【話題があるなら それで由し。もし 話題がなければ・・あえて大げさな印象操作を行ったり、嘘・作文・切り取りなどを駆使して、物事を誘導したり創作する事】といった解釈だってできる次第だ。

同様に、行政に不備がなければ(あえて弊害を作り出さねば)官僚や省庁にも意義はない! 芸能人は話題がなければ消えてしまう! と考えれば・・これらの考察は、最近 世間を賑す事象を把握するうえで・・ひとつの指針となりうるだろう。

仕事に関する 究極の解釈とは「この世から 病がなくなれば医者が不要となるように・・今、自分のしている仕事を失くす」ところにこそある。しかし 世の中に、そんな事を目的にしてる方が どれだけいらっしゃるだろう? そうでなければ・・自らの存在意義を誇示するため、上記のような事をしなければならないのも、また事実なのである。