執拗な 加計学園問題報道の真意

加計学園問題を まだ国会がやっている。もう お腹いっぱい! という感じだが・・改めて、今回の経緯を整理してみたい。

そもそも 加計学園問題とは「政府が掲げた国家戦略特別区域を活用して、学校法人 加計学園岡山理科大学獣医学部を新設した経緯をめぐる 一連の疑惑」である。焦点は「加計学園の理事長と安倍首相がお友達だったから、ここに便宜は図られたのかどうか?」だが・・自民党および安倍首相の説明はこうだ。

「便宜供与はない」その理由 1.もし便宜を図るなら ずっと前にやっている。これまで何度も加計学園の申請を却下してるから それはあり得ない。2.情報をリークしたのは 前文科省事務次官の前川さんじゃないのか? 彼は天下りで問題を起こしてるし、不適切な行動を “貧困調査” なんて言い訳するような人物だから信用に値しない。3.文科省はずっと獣医学部の新設を拒否してきた。政府主導でなければ、この先もずっと これは継続される。4.京都産業大学の申請は遅いし不十分だった。消去法で加計学園しかなかったのが現状だ。5.新設を一校にしてくれ! と言ってきたのは、そもそも文科省と獣医師協会のほうである。

つまり自民党は「不正なし。政府主導でやるのは当たり前。文科省農水省など 業界と癒着してるであろう 天下り利権構造はなくすべきであり、徐々に権力を剥奪してゆく必要性もあるが・・これらの利権へ執着する 官僚・共産党民進党なんかは、あれこれ ありもしない理屈を付けて 行革を阻止したいだけなんじゃないの?」と言ってるわけだが・・これに対しては《メディア得意の切り貼り報道や 都合の悪い部分はカットした情報操作も頻繁に行われてる》から ややこしいのである。

『マスコミからも、当然 各大学への天下りは経常的に行われてる』ので、彼らが既得権勢力へ助力するのは当然だが・・これも含めての規制改革・行政改革なのだから、どうにかしてもらわないと 先はないと思われる。ようするに、憲法改正テロ等準備罪などと同様、政府主導による 官僚や反社会的勢力の利権剥奪も、もっと巧妙かつ知的にやってゆかないと、メディアも加勢した 彼らの常套手段 “世論誘導” には、とても太刀打ちできない! ということだ。

世界はもはや、既得権益層の暗躍を許さなくなってきてるが、この背景には・・資源・技術などの分野における 米国の一人勝ち! があるのは否めない。すなわち、もう世界中の既得権益層へ甘い汁を吸わせておく必要性自体がなくなったのである。それ故、彼らは必死の抵抗を試みてる次第で・・内閣の支持率低下も《このままでは何をしでかすか わからない彼らの“ガス抜き”》といった側面も見え隠れしないではない。

いずれにしろ、消え行く者は消え行く定め。それは日米共に同じであろう。あとは、いかにリスクなく、被害を最小限に留めながら、彼らを終わらせるか? が焦点となってくるはずだ。そうこうしてる内に、となりの国が増々ややこしくなってきてるが、そろそろ ここに関する 大方のシナリオも見えてきた。日本はやがて、敵対国に囲まれる可能性も大きくなってきてるが、こういった見解からも、一日も早く米国へ追随するような政策履行が望まれる。

基本的に人は何をしてても自由だが、それは『これが出来る環境である事が前提なのだ』そしてまた、こういった前提さえあれば、保身・既得へ邁進するのが人間でもある。物事は、やれるうちに! できるうちに! が基本。そうできなくなる未来があるなら、この防衛本能・生存本能に基づく言動も激しさを増すのが必然であり、ますます理屈抜き・常識抜きの暴挙や執拗さは度を超してくる。抵抗とは断末魔の悪あがき。改革側は、この辺りを心してかからねばならないだろう。