ついに髪の毛を増やす技術が開発された

薄毛に悩む男性のみならず、同様の悩みを持つ女性にも朗報が届いた。理化学研究所などが「人の髪の毛のもとになる 毛包組織を培養して、大量に増やす再生医療技術を開発」と発表したからだ。

今後は マウスへの移植実験を行い、安全性が確認できれば 来年にも人に対する臨床研究を始め、2020年の実用化を目指す考えで・・理研のチームリーダーによると「開発した方法は毛包の数を増やすのが特徴。わずかな毛包を使い 5000~10000本の髪の毛を生やせる」そうで、人の頭の皮膚から取り出した3種類の幹細胞を組み合わせ、毛包と同じ能力を持つと考えられる組織を作製。さらに 京セラと協力して 機械を使って安定した品質で大量に増やす技術も開発した! とのことである。

筆者の感想としては「やっぱり2020年頃が目安かぁ」という感じたが、これにより カツラ・増毛・ウィッグなど、これらのカテゴリーを生業とする企業の将来性は潰えた形かもしれない。

ただ このような技術革新の波は、もはや「構造不況業種」と呼ばれるようになった〈大リストラが止まらない銀行業界〉に留まらない。もちろん 金融関係には、ホストコンピューターからブロックチェーンへ! といった【すでに目に見える要因がある】のも実情だが・・近年のダボス会議などでも 度々提唱されてるように〈技術・経済および構造のティッピングポイント〉は、以前から2020年前後! と あらかじめ決められているのだ。

つまり「もう革新技術は溜まりに溜まってる。いつ出すか?は世界が相談の上で決めた事。全ては計画経済のシナリオに従って。」との予測も成り立つ次第である。

こういったことに関して 筆者はずいぶん前から記事にしてるが、少しずつ それも現実になりつつある。今後は ビジネスのみならず、生活設計についても 漏れ聞こえる わずかな情報へ対応しながら、最大限のインファレンス能力を駆使して当たらねばならないわけだが・・2020年はもうすぐ! いかなる革新技術の発表がなされるのか? 変化に少しは困惑しながらも、やはり未知なる 新しい時代の到来にワクワクせずにはいられないのが本音である。